FC2ブログ

渡る世間は犬ばかり

犬と猫と馬鹿のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おばあちゃん

日曜日に祖母が亡くなりました。

92歳の大往生だったから、まあ、一応は「めでたい」部類に入るのかもしれません。

子供の頃から、ずっと一緒に暮らしていたおばあちゃんでした。
といっても、私はさほど良い孫だったわけではなくて、かえって近くに居るのに慣れすぎて、祖母が元気なうちはぞんざいな態度で接していたし、意識不明で施設に入っていた最後の3年間は、仕事を言い訳にしてほとんど見舞いにも行かなかったし。
そんなわけで、後悔ならば、してもしきれないくらいあるんですが、不思議に、亡くなったことに対してのショックはありませんでした。

亡くなる前日に見舞ったときには、明らかに体調が悪くなっている様子で、もう「近い」んだろうなという予感はありました。
結果的には、それが最後の別れになったわけですが、でも、本当のお別れの挨拶は、もっとずっと前にしていたような気がします。
3年前の春、倒れて意識不明になるその1週間前に、近所の川の堤防の桜並木を、一緒に見に行ったときに。

咲きそろい始めた桜の木の下で、私の構えるカメラに向けたはにかむような笑顔が、たぶん私へのお別れの挨拶だったんじゃないかな、と思っています。
写真を撮るときは、いつも緊張して困ったような顔で写っていたのに、そのときカメラが写し留めた祖母の笑顔は、優しくて、包み込むようで、本当に自然でした。

正直、そのときは撮ったなりで忘れていた写真でしたが、今回それを遺影にも使ってもらって、私なりに祖母への手向けができたかな、と考えています。
長期の介護や入院には、さまざまな問題が生じることは、もちろん解っていますが、それでも祖母は、3年間かけて、私の心に墓碑を建てていってくれたのだな、と思います。
たとえ自己満足でもね。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ

スポンサーサイト

| 雑記 | 01:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/02/12 16:45 | |

この度は御愁傷様でした。
pincoちゃんのカメラに残した笑顔は
おばあさまの心そのものだと思う。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| ロビン | 2010/02/14 00:11 | URL | ≫ EDIT

■ロビンちゃん
返事が遅れてごめんなさい。
ありがとね。
お葬式の話題に合わない返事だけれど、嬉しかった。

| pinco | 2010/02/17 22:04 | URL | ≫ EDIT

(゚д゚)!
たいへんな時にすまぬ。
また落ち着いたらゆっくり…

| たけわか | 2010/02/23 13:03 | URL | ≫ EDIT

■たけわかちゃん
返事が遅れてすまんーぬ。
もうたいてい落ち着いてるんだけれどね。
アタクシの咳と胃袋以外はね。
また誘ったってください。

| pinco | 2010/02/27 16:46 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/04 21:46 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://puxnet12100814.blog83.fc2.com/tb.php/227-2375bb0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。